トピックス&セミナー

2015/03/163月10日火曜日に紀尾井フォーラムにて「白熱教室」第一回開催。92名の方にご参加いただきました

3月10日火曜日に紀尾井フォーラムにて「白熱教室」第一回開催、92名の方にご参加いただきました。
66席の会場に増席対応を行い、最初から熱気のこもった場となりました。

第一回の白熱教室のテーマは「企業が成長を続けるために、知るべきこと、行うべきこと」です。

今回のメインテーマは「企業はなぜ、低迷状態に入り、抜け出すことができなくなるのか」そして特別セッションとして「米国優良企業の経営に関する、日本企業の大いなる誤解」を米国から広川さんにお越しいただき、討論を行いました。

討議された内容のいくつかを上げておきます。

・企業の発展のために重要なことは、3つ
①方向性(戦略など)、②実践力(PDCA力)
③そして社員な伸び伸び問題解決に取り組める土俵を作る経営のリーダーシップ
・市場起点にPDCAがしっかりと廻っている企業は、戦略は必要とならない
・規模に応じたPDCAの方法論を、実践できないと、企業は、市場と乖離を始める
・ある規模から、社長の判断精度を高め、社内の神経系統を作るスタッフ機能が必要
・米国優良企業は、しっかりと経営者を育てるプログラムを有し、選ばれた優秀な経営者は長期間社長を務め、中長期的な視点で企業を伸ばす施策を展開する
・米国で社員をさっさとリストラして問題を起こしているのは、むしろ進出している日本企業
・日本企業は、米国のしっかりやっている企業の事をわかっていない

議論が進むごとに場はヒートアップし、二時間半はあっという間に過ぎてしまいました。終了後には「ふだん使っていない頭を使った」「あっという間に終わってしまった、もっと議論を続けて聞きたかった」などの感想もいただきました。ご参加いただきました皆様、お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
今後のブラッシュアップのためにも、参加されました方には是非、ご意見、感想をいただければと思います。よろしくお願いたします。

次回は「新規事業、ブランディング」をテーマとして、「白熱教室テーマセッション」を6月10日に紀尾井フォーラムにて開催予定です。

書籍のご案内            Facebookもチェック